アーカイブ

ソファ張替【前編】

2020.04.03 Fri / CATEGORY : ブログ, リペア

春になるとお問い合わせで増えてくるのが「リペア」

やはり、心情的にも新しくしたいな、と思うものです。

でも、今あるソファを買い替えるのも。。。

そこで張替をご検討項目の一つとしてあがってくると思います。

 

今回はリペアの加工方法をご紹介しながら皆様の?にもお答えしていきます。

 

昨日、ソファ2人掛けと3人掛けをお預かりしました。(他社製品)

使用年数は10年超えているようです。

 

 

 

 

 

一瞬まだきれいだなという印象ですが、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり体が触れる部分や壁や他の家具があたる部分の張地のダメージ、

座面のクッションもかなり薄くなってます。

木フレームがきれいに保たれているのが好都合!

張替ができるかどうかの判断の一つとして、やはり土台となるフレームの状態です。

初見でまだきれいだなという印象はフレームがしっかり垂直・平行な状態、

ですとまだまだ大丈夫

 

 

さて、早速今日から解体:剥ぎ(はぎ)作業スタート

フレームから座る箇所を外します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから本体の上張地をパーツごとに丁寧にはがします。
はがした生地を見本にして裁断するためです。

 

 

本日午前中いっぱいかけて上張地を除き、中のウレタンが出てきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウレタンの水分が抜け、ボリュームダウンしてます。

おそらく最初は真っ白だったウレタンも、このように変色して劣化します。

よくお問い合わせの際に「まだ中の方は傷んでないから張地だけ変えたい」と、

しかし、姿が見えないウレタンは思っている以上に劣化し、その損傷スピードはゆっくりなために、

中々座り心地の変化に気づかないのです。

そして生地を剥いだ際にウレタンも若干損傷してしまいますので、

ウレタンの交換は必須となります。

 

 

さてこれよりこの古くなったウレタンを交換します。

仕上げまでは後編にて!!